初めて買うなら読みたい。電気ひげそり(電気シェーバー)の選び方

家電

どーも、こんにちは。

「ガシェまる」のまんまるです。

 

数年前、電動ひげそり(電気シェーバー)が欲しくて、家電量販店に行ったら・・・「どれがいいか?」わからず、何時間も悩みました(^_^;

最初から選ぶ基準がわかってれば、あまり悩まずに済んだのに・・・。

 

そんなわけで。

これから、電気シェーバーを選ぶ基準についてお伝えします。

私の情報が、少しでも参考になれば幸いです。

 

電気シェーバーの形状によって、特徴が変わる

電気シェーバーの形状は、まっすぐなものと、丸形の2種類あります。

難しい言葉ですが「駆動方式」とも呼ばれます。

 

 

まっすぐなものは、これです。往復式とも呼ばれます。

一番良く見る形かな。

 

 

これが、丸形です。回転式とも呼ばれます。

 

 

そんでもって。往復式は、シェーバーの外刃でひげをとらえて、往復する内刃でひげをカットするという仕組みです。

美容室でいうと、伸びた髪をザクザク切るイメージです。伝わるかな?

私的に、往復式が一番使いやすいと感じます。理由は後述。

 

往復式のメリットは、ひげを早く剃ることができるのと、深剃りできることです。

そして、肌にダメージを与えやすいのが、デメリットです。

 

 

回転式は、刃が円形なのが特徴です。回転する内刃で、ひげを剃ります。

美容室でいうと、仕上げのために少しずつカットするイメージです。

 

回転式のメリットは、肌に優しいことと、動作音が静かなこと。

深剃りできず、剃るのに時間がかかるのが、デメリットです。

 

 

そんでもって。往復式と回転式のいいとこ取りした、ロータリー式というのもあります。

ロータリー式の見た目は、往復式と似てます。表示をよく確認しましょう。

 

ロータリー式のメリットは、深剃りができて、動作音が静かなこと。

デメリットは、剃り方が独特なので、扱い方に慣れるまで時間がかかります。

あと、肌へのダメージも大きいですよ。

 

 

初心者が一番扱いやすいのは「往復式」

 

初めて電気シェーバーを買うなら、往復式をオススメします。

鼻の下が剃りやすいからです。

 

刃が丸い回転式だと、鼻の下にあるひげを剃りにくいです。

なので、剃り残しができる可能性があります。

 

ロータリー式は往復式と似た形状なので、一見、剃りやすそうです。

しかし、ひげが生える方向を把握しないといけないので、剃るのが難しいですよ(^_^;

 

とはいえ。マスクで顔を隠す機会が多いなら、鼻下の剃り残しはそれほど気にしなくていいです。

敏感肌で、普通のカミソリがダメなら、回転式を検討するのもアリかなと。

 

肌へのダメージが気になる時の対処法

往復式は、肌にダメージを与えやすいというデメリットがあります。

なので、「回転式の方がいいんじゃないか?」と思うかもしれません。

 

しかし、肌へのダメージは、シェービングクリームやシェービングジェルで軽減できます。

 

また、値段は高くなりますが、刃の枚数が多いものを選ぶことでも、肌へのダメージをおさえられるんです。

刃が多いと、ひげを剃る時間を短縮できます。その結果、肌のダメージも小さくなりますよ(^_^)

 

充電のやり方と防水性能の関係

電気シェーバーは「充電のやり方」にも違いがあります。

「充電しながら使えるもの」と「充電中は使えないもの」の2種類です。

 

充電しながら使えるものは、充電交流式と呼ばれます。

ただ、充電交流式には、防水性能(お風呂剃り対応)がありません。

充電交流式に防水性能がない理由は、風呂とかで充電しながら使うと、感電するおそれがあるからです。

 

充電中に使えないものは、充電式と呼ばれます。

「自由民主党」と「民主党」並に名称が紛らわしいので、気をつけてください(^_^;

 

充電式は、充電しながら使うことはできませんが、防水性能が付いてるものもあります。

お風呂剃りをするなら、注目しましょう。

 

前述したシェービングジェルなどを使うなら、防水性能は欲しいところ。

また、防水性能のありなしで、電気シェーバーの洗い方が変わります。ご注意ください。

 

ちなみに、バッテリーを使わない、乾電池式もあります。

乾電池式は、地震などの災害で停電した時に便利ですよ。

 

この記事のまとめ

長くなったので、今回の記事の内容をまとめておきますね。

 

 メリットデメリット
往復式・ひげを早く剃れる
・深剃りできる
・肌にダメージを与えやすい
回転式・肌に優しい
・動作音が静か
・深剃りできない
・剃るのに時間がかかる
ロータリー式・深剃りできる
・動作音が静か
・剃り方が独特
・肌にダメージを与えやすい

 

 充電しながら使える防水性能(お風呂剃り対応)  
充電交流式×
充電式×

 

悩んだら、まずはひげが濃くても剃りやすい、往復式をオススメします。

ひげが薄くて敏感肌なら、回転式も選択肢に入るかなと。

 

 

タイトルとURLをコピーしました